あらすじ

 日本のどこかにあるcafe&bar Heart Field。 そこに一人の女性シンガーが現れる。その名前は「シャルル・レイボーン」 彼女は肉体よりも精神の死が先におとずれる病に蝕まれ、医者からは余命10年と宣告される。
 死を宣告された彼女は翻訳家、茜の力を借りて自伝を出版。その内容は15歳で出産、離別した双子の娘達のことが赤裸々に書かれてあったのだ。

 帰国を果したシャルルだったが、その日から事態は意外な方向へ展開していく。
Heart Fieldに集まる人々の温かい言葉により、彼女が纏っていた秘密のベールが一枚また一枚と剥がされていく・・・まるで消えていく記憶を繋ぎとめるかのように。

下の写真をクリックすると大きな写真になります。